試験概要


目的

Ruby on Railsの専門知識の取得を評価できる本試験により、「認定者の雇用機会」や「認定者が所属する会社のビジネスチャンス」の拡大を図ることを目的とする。

 

ビジョン

試験を通してRuby on RailsのOSS開発者育成に貢献する。
上記を実現する試験体系と教育体制を実現する


試験体系

Rails4技術者アワード(名称未定)

・Ruby on Railsの秀でたコーディング力をRails技術者認定ゴールド・デベロッパーから選出し、表彰いたします。
※審査料金無料

Rails4技術者認定ゴールド・デベロッパー(未定)
・Ruby on Railsのコーディング力を問う認定
※業界初のOSS公開判定方式を採用予定
※審査料金無料(シルバー試験合格が前提)

railscp_silver
Rails4技術者認定シルバー試験
(資格名:Rails4認定シルバー技術者)
・Ruby on Railsの実務で使えるコーディング力を問う試験

railscp_bronze
Rails3技術者認定ブロンズ試験
(資格名:Rails3認定ブロンズ技術者)
・Ruby on Railsの基本知識を問う試験

rails4cp_bronze

Rails4技術者認定ブロンズ試験(資格名:Rails4認定ブロンズ技術者)(2016年春実施予定)
・Ruby on Railsの基本知識を問う試験

ページ上部へ戻る